湘南台って?

 江の島

店内イメージ

地名の由来

昭和41年にできた「湘南台駅」は湘南地方にあり、相模野台地のはずれにある展望の良い新しい住宅地にふさわしい名として命名されました。これを受けて地区の市議会の決議を経て昭和59年から「湘南台」の新町名に変わりました。

また、激アツに語らせていただくと、あの日本を代表する2018年でアニバーサリー40周年で息の長いモンスターロックグループ桑田佳祐率いるサザンオールスターズの楽曲の歌詞の中に出てくる「江の島も見えてきた俺の家も近い、行きずりの女なんて夢を見るよに忘れてしまう♪♪」のシンドバットの歌詞でもお馴染みの江の島までは小田急江ノ島線で乗り換えなしで湘南台駅より徒歩7分を含めても28分で着く立地に位置しています。桑田さソロでも2017アルバムがらくたの「古の風吹く杜」では古都鎌倉を強く連想させるフレーズや由比ガ浜が出てきますが、江の島から江ノ電で鎌倉までは23分で到着する位置にあります。湘南台駅は小田急片瀬江ノ島線で経由して江ノ島電鉄(江ノ電)で鎌倉駅を目指しても1時間以内に着くそんな駅です。

ターミナル駅としても横浜市営地下鉄線・相鉄線・小田急線と3線乗り入れてて,大手企業のいすゞ自動車もあり複数の大学もあり発展性のポテンシャルとしては辻堂駅よりも可能性を秘めてるという特徴があります。


 

文化センター

料理イメージ

 

こちらで地域の行政サービスを行ってます。


緑の回遊路(みんなでウォーキング)

湘南台文化センター1分�⇒湘南台公園4分⇒総合市民図書館4分⇒鯖神社6分⇒

境川遊水地公園8分⇒今田桜並木9分⇒東勝寺4分⇒七ツ木神社29分⇒

湘南台大橋9分⇒引地川桜並木11分⇒円行八幡宮2分⇒円行公園4分⇒

ゴール=湘南台駅

 

食材イメージ